Skip to content

2019/01/01 雌阿寒岳

2019/01/01 雌阿寒岳 published on 2019/01/01 雌阿寒岳 へのコメントはまだありません

ここ5,6年は元旦or1/2に雌阿寒岳登山に通ってようやく厳冬期ピークを踏めた
天気が悪かったり、登山開始時点の気温が低すぎて逃げ出したり
過去数年分のそういった思いと、人生再出発?のための欲張りな願掛けも兼ねて踏んだ感無量の雌阿寒岳ピーク

SSL/TLSサーバ証明書の種類について

SSL/TLSサーバ証明書の種類について published on SSL/TLSサーバ証明書の種類について へのコメントはまだありません

主だったところではWEBの通信(HTTP)を平文通信から暗号化通信にするHTTPS
これに必要なのはSSL/TLS証明書、通称サーバ証明書と言われるものである

これは発行手順や役割で大きく4種類に分類できる
4種類のどのSSL/TLS証明書でも冒頭に書いた暗号化通信ということは実現可能

  • DV証明書(Domain Validation Certificate)

  • OV証明書(Organization Validation Certificate)

  • EV証明書(Expanded Validation Certificate)

  • 自己署名証明書(通称:オレオレ証明書)

それぞれ名称の通りではあるが簡単に「通信の暗号化」という事以外の点について

  • DV証明書

ドメインの実在性だけを検証した証明書

  • OV証明書

ドメインの実在性、ドメインを所有する組織の実在性を検証した証明書

  • EV証明書

厳密な分類区分はないが、信頼に足りうる認証局(CA)により署名され、
また、証明書の発行手続きに「電話確認」など一定の審査基準を
各発行団体により保証された証明書

  • 自己署名証明書

個人で開設されたプライベート認証局(private CA)によって署名された
証明書(ドメイン名の正当性も証明書発行機関の正当性も保証されない)

以上のように発行手順や正当性の範囲によって大きく4種類に分けられる
俗な言い方をすると「EV証明書」は

  1. 証明書発行機関が高い発行手数料を得るために無理に分類している

  2. ブラウザのアドレスバーが緑色に表示される証明書

くらいの認識

最近はLet’s EncryptなどのDV証明書無料発行サービスも充実してきたので、一括りにSSL/TLS化するために、なんでも高価なEV証明書を使用する必要はない
ケースバイケース、暗号化通信が必要な目的をちゃんと吟味して証明書のタイプを選択しましょう

マルウエア[Mirai]で使われているID、パスワードの組合せ一覧

マルウエア[Mirai]で使われているID、パスワードの組合せ一覧 published on マルウエア[Mirai]で使われているID、パスワードの組合せ一覧 へのコメントはまだありません

blogのネタもなかなかないので、ここ最近、ネット界隈を賑わせているマルウエア
Miraiのソースコードからスキャンに使われているID、パスワードの組合せを転載しておきますね

こんな組合せの人は早々に変更後、機器の再起動をしてくださいね〜
(再起動しないとまたすぐに感染するYO)

 

ID PW
root xc3511
root vizxv
root admin
admin admin
root 888888
root xmhdipc
root default
root juantech
root 123456
root 54321
support support
root (none)
admin password
root root
root 12345
user user
admin (none)
root pass
admin admin1234
root 1111
admin smcadmin
admin 1111
root 666666
root password
root 1234
root klv123
Administrator admin
service service
supervisor supervisor
guest guest
guest 12345
guest 12345
admin1 password
administrator 1234
666666 666666
888888 888888
ubnt ubnt
root klv1234
root Zte521
root hi3518
root jvbzd
root anko
root zlxx.
root 7ujMko0vizxv
root 7ujMko0admin
root system
root ikwb
root dreambox
root user
root realtek
root 0
admin 1111111
admin 1234
admin 12345
admin 54321
admin 123456
admin 7ujMko0admin
admin 1234
admin pass
admin meinsm
tech tech
mother fucker

2016/10/01 沖里河山〜無名山〜音江山

2016/10/01 沖里河山〜無名山〜音江山 published on 2016/10/01 沖里河山〜無名山〜音江山 へのコメントはまだありません

スタート地点

img_0674

案内看板

img_0676

無名山へおよそ20分

img_0677

小さなアップダウンを繰り返す

img_0679 img_0684

展望の無い音江山ピーク

img_0688

ホコリタケの仲間

img_0671

ヌメリスギタケモドキ 美味しくいただきました

img_0675

こんな感じ

%e9%9f%b3%e6%b1%9f%e5%b1%b1